ナガセケンコー株式会社

NAGASE KENKO は、軟式野球ボール、ソフトボール、ソフトテニスボールの製造販売80年以上の歴史を有するスポーツサポートメーカーです。

KENKO NEWS

第6回NPB CUP選抜学童軟式野球大会

第6回NPB CUP選抜学童軟式野球大会

 日程 9月5日 ヤクルト戸田球場、大宮公園球場他
    10月4日 西武ドーム

 出場チーム 関東1都7県各2チーム 計16チーム

 主管 (社)日本野球機構、(株)ベースボールマガジン社

 協賛 ナガセケンコー、日本シグマックス、吉野家



10月5日、西武ドームに16チームによるトーナメントを勝ち抜いた4チームが終結した。
優勝は、千葉県代表の流山ファイターズ
準優勝は、埼玉県代表の狭山富士見クラブ


女子の交流戦は、埼玉代表のJoshiOneが優勝した。


@優勝流山P1010988.jpg
優勝した流山ファイターズ


A優勝流山@P1010982.jpg

B優勝流山P1010981.jpg

C準優勝狭山P1010991.jpg
準優勝の狭山富士見クラブ


D準優勝狭山P1010989.jpg

EP1010980.jpg

FP1010979.jpg
2009.10.06. | | 野球

関東還暦軟式親善野球大会

@P1010862.JPG


第5回坂戸市長旗関東還暦軟式親善野球大会 開会式



期日 9月12日〜19日 予備日21日、22日

会場 坂戸市民総合運動公園軟式野球場

主催 坂戸市
   坂戸市体育協会


24チームによるトーナメント方式で争われる


AP1010860.JPG

BP1010861.JPG

CP1010859.JPG
2009.09.14. | | 野球

中国 全国青少年野球大会

中国 全国青少年野球大会

@MGP1766.JPG


日程・場所 : 7月29日〜8月3日 / 無錫
中学生11チーム、高校生10チーム参加の総当り戦

AIMGP1752.JPG



日程・場所 : 8月8日〜8月14日 / 南京
小学生20チーム参加の総当り戦

BIMGP1795.JPG



中国にて開催された、小学生・中学生・高校生の野球全国大会。

2009年は主催である中国野球協会とナガセケンコーが契約し、ナガセケンコー製のボールを使用し大会が開催された。

広い中国全土から集まってくるため、宿舎が隣接する野球場を使用。

全国大会ということで、レベルは高く、近い将来、中国での野球発展・普及、中国野球のレベル向上を多いに感じ取れる大会であった。

主催の中国野球協会は、今後、機会があれば日本チームとの交流戦を希望している。

CIMGP1849.JPG

DIMGP1871.JPG

EIMGP1797.JPG
2009.09.08. | | 野球

第2回GasOneCup学童軟式野球選手権大会

AP1010827.jpg

第2回GasOneCup学童軟式野球選手権大会

日程 8月29日〜30日

会場 埼玉県営大宮公園野球場
   さいたま市営岩槻川通公園野球場
   さいたま市営浦和球場
   春日部市牛島野球場



@P1010820.jpg
使用球はオリジナルネーム入りのケンコーボールC号


BP1010829.jpg
開会式の様子


CP1010831.jpg
決勝戦


DP1010836.jpg
優勝した千葉県の野栄スポーツ少年団

EP1010832.jpg
準優勝の茨城県 太田ベアーズ
2009.09.07. | | 野球

離島甲子園

村田兆治(元ロッテオリオンズ)提唱!

国土交通大臣杯全国離島交流中学生野球選手権大会 通称;離島甲子園

@090806抽選会08.07a (2).jpg

日時  2009年8月6日(木)〜9日(日)

会場  隠岐の島町


今年も熱戦を繰りひろげられた。

元ロッテのエース、村田兆治さん(59)が提唱するこの大会。
大会は、壱岐市選抜(長崎県)が伊豆大島選抜(東京都)を6−2で下し、優勝した。

全国の離島を巡回して子どもたちに野球を教えている元プロ野球ロッテの村田兆治さんが、対外試合の機会を増やそうと提唱。村田さん率いるプロ野球OBチームとの親善試合や野球教室も開かれ、交流を深めた。

北海道・新潟・鹿児島など計8都道県から16チームが参加した。


A一回戦08.07a (37).jpg

B一回戦08.07c (2).jpg

C090808 08.08b (23).jpg

C090808 08.08b (24).jpg

D【さよならパーティー】d (72).jpg

E【閉会式】d (78).jpg

F【野球教室】d (76).jpg
2009.08.24. | | 野球

第2回ライオンズカップ

@P1010800.jpg

日時 8月8日〜21日

球場 西武ドーム他

主催 埼玉県野球連盟、株式会社西武ライオンズ

協力 西武ドーム、ジャパンスポーツコミッション

協賛 ナイキジャパン、ナガセケンコー

37チームによるトーナメントが盛大に開催された。


AP1010807.jpg

BP1010796.jpg

優勝は、狭山富士見クラブ(狭山支部)



CP1010808.jpg

DP1010797.jpg

準優勝は、新所沢ライノーズ(所沢支部)



EP1010798.jpg

FP1010799.jpg

使用球は、ケンコーボールC号(オンネーム)
2009.08.24. | | 野球

第8回ケンコー大会 atメキシコシティ

@メキシコ.JPG

メキシコにて
第8回少年野球ケンコー大会が開催された。
毎年、開催されているこの大会には、約60チーム800名が参加して盛大に開催されている。

Aメキシコ.JPG

メキシコでの使用球は、ケンコーボール(ローバウンス)C号D号


Bメキシコ6.JPG

今年、メキシコはインフルエンザ大流行の影響もあり、開催が懸念されたが、選手たちの熱い要望により盛大に開催することができた。


Cメキシコ.JPG

2010年6月に、第9回大会を計画している


Dメキシコ.JPG

Eメキシコ.JPG

Fメキシコ.JPG
2009.08.18. | | 野球

隅田公園早起き野球大会

yamada1.JPG

隅田公園早起き野球大会

DSC_0095.JPG


主催 : 盟友会軟式野球連盟
後援 : 台東区軟式野球連盟
後援 : 東京新聞・東京中日スポーツ
協賛 : サッポロビール株式会社
協賛 : ナガセケンコー株式会社
使用球 : ケンコーボールA号

DSC_0114.JPG



恒例の「ブロイラーズ」情報!

7月中旬に、春季大会・夏季大会と終え、ブロイラーズは16試合消化・6勝10敗と負け越してしまっている。

6月には6連敗を喫するなど、どうも調子が悪い。一方、勝つ時はスカっとコールド勝ちするなど、こういったところが野球は面白い。

8月はメンバーの業務都合上(長期出張が多い時期のため。)、連盟に無理を言って試合予定はない。

その分、9月は週2回などとハードスケジュールになるが、チーム一丸となり頑張っていきたい。

大型女性新人も、全試合に参加し、頑張っている。


DSC_0310.JPG

DSC_0351.JPG

DSC_0369.JPG
2009.08.17. | | 野球

第14回北日本還暦軟式野球大会

@P1000284.JPG

第14回北日本還暦軟式野球大会

AP1000280.JPG

平成21年7月31日〜8月3日

岩手県北上市民江釣子野球場他

主催;全日本還暦軟式野球連盟・北日本還暦軟式野球連盟

40チームが参加して盛大に開催された


BP1000281.JPG

CP1000282.JPG

DP1000285.JPG

EP1000283.JPG

FP1000278.JPG
2009.08.07. | | 野球

第32回東京都学童軟式野球大会 開幕

@学童旗P7100065.jpg

東京都知事杯争奪第32回東京都学童軟式野球大会

7月11日 八王子市民球場にて開会式が行なわれた
64チーム参加

A学童ヘリP7100078.jpg

B学童ヘリP7100079.jpg

始球式はヘリコプターから投下されたボールで行われ、非常に盛り上がりました。


C学童宣誓P7100084.jpg


決勝は8月1日の予定
2009.07.13. | | 野球

隅田公園早起き野球大会


主催 : 盟友会軟式野球連盟
後援 : 台東区軟式野球連盟
後援 : 東京新聞・東京中日スポーツ
協賛 : サッポロビール株式会社
協賛 : ナガセケンコー株式会社
使用球 : ケンコーボールA号


2009年もナガセケンコーは「ブロイラーズ」というチーム名で参加。
3月中旬から始まった春季大会はすでに終えており、ブロイラーズは8試合を4勝4敗と五分五分の星。

次節からは夏季リーグに入り、年間24試合をこなす予定。

今年は大型新人である女子部員も入団し、老若男女問わず、ブロイラーズ一同、早起きをして早朝ら野球を楽しんでいる。

GDSC_0389.jpg

@DSC_0125.jpg

ADSC_0169.jpg

BDSC_0178.jpg

CDSC_0304.jpg

DDSC_0328.jpg

EDSC_0359.jpg

FDSC_0368.jpg

随時、情報入り次第、ブロイラーズニュースもアップしていきます。
2009.06.02. | | 野球

大会速報 第26回全日本少年軟式野球東京都

第26回全日本少年軟式野球東京都大会速報

大会は、5月24日に無事終了しました。


大森ホワイトスネークスA(大田区)が、墨田区の墨田ウイングスAを3-1で破り優勝。
優勝した大森ホワイトスネークスは、6試合で3失点22得点。
安定感ある試合運びを見せつけていた。


東京都大会結果.pdf

  ↑ 大会結果(PDFファイル)
2009.05.28. | | 野球

第26回全日本軟式野球東京都大会 中学生 開会式

@000_5565.JPG

第26回全日本軟式野球東京都大会 中学生 開会式

A000_5567.JPG

5月9日 杉並区和田堀球場にて開会式が行なわれた
開会式後にトーナメント開始。
5月23日に決勝戦が予定されている

関東大会、全国大会目指して熱戦が繰りひろげられている
大会結果は後日掲載予定・・・・

BIMG_0010.JPG

CIMG_0082.JPG

DIMG_0087.JPG

E07028.JPG

F000_5668.JPG
2009.05.18. | | 野球

2009年上海国際少年野球大会〜KENKO杯〜

@IMGP1616.jpg

■日時 : 4月18日(土) 19日(日) 25日(土) 26日(日)
■場所 : 上海体育学校
■主催 : 上海野球協会
■協賛 : ナガセケンコー株式会社他


AIMGP1567.jpg

中国・上海にて、4日間に渡り現地在住の小学生、中国チーム・日本チーム・アメリカチーム各2チーム計6チーム、同じく中学生、中国チーム・日本チーム・アメリカチーム各2チーム計6チームが参加。

国際大会ということで盛大に行われた。

ナガセケンコー製で海外販売している「ケンコーローバウンスボール」を大会球として使用。

試合会場隣で、ナガセケンコーは「ケンコーティーボール」を置き、子供達に遊んでもらったたり、野球ビギナーにもやさしい「ケンコープレイキャッチ」を売店販売するなどした。


DIMGP1545.jpg

試合は実力に勝る日本人チームが、小学生・中学生共に優勝した。まだ野球途上国である中国も善戦し、中学の部では準優勝した。

ナガセケンコーはこのような大会を多く開催することにより、中国での野球発展・普及に努めて行きたい。次回は秋に北京・天津での開催を考えている。

BIMGP1401.jpg

CIMGP1578.jpg
2009.05.15. | | 野球

2009年 中国国際体育用品博覧会

@IMGP1543.jpg

■日時 : 4月23日(木)〜 26日(日)
■場所 : 中国国際展覧センター/ 北京

AIMGP1516.jpg

中国・北京にて、4日間に渡り国際体育博覧会が開催され、ナガセケンコーは野球になじみの薄い中国で野球普及・発展のため、関連業者の協力を経て出展。

BIMGP1500.jpg

北京オリンピック、ワールドベースボールクラシック等で、中国国内での野球浸透度も増してきており、今後も中国での野球普及に注目してもらいたい。

CIMGP1542.jpg

DIMGP1498.jpg
2009.05.15. | | 野球

草野球プレーヤー待望の第3回大会がいよいよ開幕!

@DSC_0143.jpg

快晴に恵まれた5月2日(土)、新緑に囲まれた埼玉・西武ドームで関東地区の18チームが集結し、開会式が行われた。また、抽選の結果、4チームが同球場で、14チームは近郊の球場で各都県の1回戦を戦い、今年のマルハンドリームカップが本格的に幕を開けた。

http://www.dreamcup.jp/03/
詳しくは上記HPをご覧ください


ADSC_0187.jpg




憧れの緑の人工芝を踏みしめて入場行進


 午前8時。開会式に参加するチームの入場行進が始まった。全18チームが一斉に、センター後方からマウンドに向かって行進する様は実に壮観だ。心地よい薫風を感じながら、西武ドームの人工芝の感触を確かめるように、一歩ずつ前に進む。憧れの球場に立てた嬉しさからか、どの顔もほころんでいるようだ。プロが使用する球場、それも昨年日本一に輝いた埼玉西武の本拠地で入場行進できたのは、選手たちにとって大きな思い出になったに違いない。

 オープニングセレモニーは、マルハンドリームカップの鈴木嘉和大会会長(株式会社マルハン代表取締役副会長)の開会宣言でスタート。全国に先がけ、兵庫では4月29日から火ぶたが切られたが、草野球日本一を目指しての熱い戦いが、今年も本格的に幕を開けた。

続いて黒江透修大会委員長(社団法人全国野球振興会理事長)の挨拶。黒江大会会長は「今年はよりみなさんに喜んでもらえるよう、オープニングゲームの会場を、サンケイスポーツセンターから西武ドームにしました」などと話した後、協賛各社への御礼を述べた。

 「我々と戦うチームがこの18チームから出てきてくれれば嬉しい。東京ドームで待ってます」選手たちをこう激励したのは、日本一チームと対戦するドリームチームの柴田勲監督(元巨人)。巨人V9の一員として活躍した名選手の熱い激励に、選手たちも一段と気合いが入ったことだろう。

 開会式を盛り上げたのが、千葉予選にエントリーした「リアライズ」の片岡将義さんによる選手宣誓だった。拓大紅陵高時代に甲子園出場経験もある片岡さんの宣誓は、元高校球児らしくハツラツとしていて、とても気持ちよく、「ほとんどぶっつけ本番」(片岡さん)とは思えない見事なものだった。“WBC以上の熱い戦い”を誓った片岡さん。「僕がこうして野球ができるのもみんなのおかげ。仲間への感謝の思いを込めました」

 また、開会式には、特別来賓としてWBC日本代表チームで内野守備走塁コーチを務め、世界一に貢献した高代延博氏(元中日コーチ、現野球評論家)も出席。高代氏が挨拶のために、金メダルを手にマイクスタンドの前に立つと、選手たちから「オ〜」というどよめきが。WBCが野球という三角形の頂点としたら、草野球は底辺。両者は戦うフィールドも、その技能も違うが、ともに日本の野球界を支えていることに変わりはない。






ドキドキの抽選会で幸運を射止めたチームは?


 開会式の後は、対戦相手と試合会場を決める抽選会が行われた。夢の西武ドームで試合ができるのは全18チーム中4チーム。残りの14チームは飯能市民球場、飯能市阿須グラウンド、狭山市奥富A面での試合になる。どのチームも西武ドームで試合がしたい。それだけに、クジを引く選手はドキドキしている感じで、表情もやや硬かったが、場をなごませてくれたのが、マリナーズ・城島健司選手のそっくりさんの「ジョージマン北」さんと、横浜・内川聖一選手のそっくりさんの「内川君」。

マルハンドリームカップのイベントでは、すっかりお馴染みになったこの2人に加え、レッドソックスの松坂大輔投手、北海道日本ハムの中田翔選手、さらに、元オリックスの清原和博氏(現野球評論家)のそっくりさんも駆け付け、抽選会を盛り上げた。

 抽選は、まず地域ごとに組み合わせカードを決定し、次に会場という方式で行われたが、幸運にも西武ドームでの試合権を引き当てたのは、千葉の「スクラップ」と「メイプルフラワーズ」、そして神奈川の「球殿クラブ」と「Ambitious(アンビシャス)」だった。大喜びの「スクラップ」のメンバーからは「今年の運を全て使ったんじゃないの」という声も湧き上がる一方で、抽選に外れたチームからは「あ〜 残念…」というため息も。

様々な表情が飛び交う?抽選会となったが、西武ドームで試合を行う4チーム以外には、大会の協賛会社から豪華記念品が。ミズノのビヨンドマックスが5チームに、ナガセケンコーの大会オフィシャルボール1ダースに加えて、ミズノのバットスプレーとロージンの4個セットが8チームに贈呈された。

BDSC_0193.jpg


上記文章は、マルハンドリームカップの公式HP内の文章から引用しています
2009.05.13. | | 野球

マルハンドリームカップ記者発表

DSC_0118.JPG

4月6日
第3回マルハンドリームカップ全国草野球トーナメントの記者発表が行われた

大会の詳細は下記のHPをチェックしてください
専用の申込み用紙もダウンロードできます

http://www.dreamcup.jp/03/


DSC_0006.JPG


DSC_0029.JPG

DSC_0040.JPG

DSC_0073.JPG

DSC_0077.JPG

DSC_0086.JPG
2009.04.09. | | 野球

東京都春季軟式野球大会開会式

東京にも軟式野球シーズン到来



00020.JPG

4月4日 東京都春季軟式野球大会の総合開会式が開催された
上井草軟式野球場

00045.JPG

会期 ; 4月4日〜5月16日

会場 ; 上井草スポーツセンター
    上高田球場
    清瀬市運動公園他

第1部 
天皇賜杯第64回全日本軟式野球大会東京大会

第2部・第3部
第31回東日本軟式野球大会1部・2部東京大会

壮年の部
第15回関東・東北壮年軟式野球大会東京大会
天狗山旗争奪第14回東北・関東選抜壮年軟式野球大会東京大会


00074.JPG

00113.JPG

00129.JPG

01005.JPG
2009.04.06. | | 野球

中国野球協会 公認球

P1000382.JPG

ここ数年、プロ野球・北京オリンピックなどと野球が盛んになってきている中国と、2009年度公認を昨年から申し込んでおり、3月4日に中国野球協会・李副会長とナガセケンコー・長瀬社長が、お互い直筆で契約書にサインをし、正式に契約締結となった

P1000386.JPG

2009年度に中国国内で開催される、15歳以下の少年野球大会で、ナガセケンコー製の『ケンコースターB号』『ケンコースターC号』『ケンコーワールド・ベ−スボールC号』が公認球と使用される。
これを機に、中国国内で軟式野球ボールを使用することによって、まだ発展途上である'野球'の普及・発展に繋げていきたい。





P1000457.JPG

また、同日夜にワールドベースボールクラシックレセプションパーティが開催され、中国野球協会と契約を結んだナガセケンコーは、中国野球協会より招待を受け、長瀬副社長・営業担当者が出席した。


P1000429.JPG

P1000437.JPG

通常は入ることのできないレセプションパーティなので、貴重な体験となった。
出場国である、中国・台湾・韓国・日本の監督・選手等が全員出席し、とても盛大なパーティであった。


P1000388.JPG

P1000390.JPG


P1000392.JPG

P1000395.JPG





2009.03.05. | | 野球

第1回谷沢健一旗争奪少年軟式野球大会

東京中日新聞.jpg
2月17日の東京中日スポーツ掲載

2月14日15日 
千葉県柏市にて第1回谷沢健一旗争奪少年軟式野球大会が開催された

記念すべき第1回大会を制したのは『松飛台メジャース』
松飛台メジャースは、地元松戸の2チームの混成チーム。
決勝でアドヴァンクラブを5-3で破り初代王者に


大会には、大会会長の谷沢健一氏が駆けつけて
始球式を行うなど子供たちとのふれあいを楽しんでいた。
谷沢氏は、第2回大会開催を約束していた。

(ケンコーボールが使用)

@IMG_3812.JPG

AIMG_0043.JPG

B_DSC6380.JPG

C_DSC6449.JPG

DIMG_0088.JPG

EIMG_3809.JPG
2009.02.17. | | 野球